ぬる湯入浴で冷え改善

「ぬる湯入浴」のススメ

「本当に体を芯から温めるためには、ぬるめのお湯に入るのがいい」というのはよく聞きますが、その「ぬるめのお湯」の温度というのは、

 

まあ「38〜40度」という範囲内におさまる、と考えるのが普通ですよね。

 

ですが、それよりももっともっとぬるいお湯に入っての冷え解消法があるのをご存知ですか?

えっ!?体温より低いお湯に入るの?

冷え解消のための「究極のぬる湯入浴」は、なんと、体温よりも低い温度のお湯に入ります。

そのお湯の温度は・・・32度か33度程度です。
夏場なら30度程度でもかまいません。

 

「体温より低い温度のお湯に入ったら冷えるでしょう」という心配はもっともですが、実はこれには理由があります。それは・・・湯船につかった状態のまま、追い炊きをかけて、温度を少しずつ上げていくのです。
最終的な湯温は、40〜41度程度にしておくといいでしょう
こうすることで、お湯が適温になるまで、じっくりと少しずつ無理なく、体を温めていくことができるわけです。

「熱いお湯にいきなり入って、神経がびっくりして収縮する」「体を芯から温めようと思っても、それほど長く入っていられない」といった、入浴にまつわる問題点を解消することができるのが、この「ぬる湯入浴」の最大のメリットなのです。

 

ぬる湯入浴の効果をさらに生かす方法

この「ぬる湯入浴」のメリットをどこまで生かせるかは、
実は「お湯が温かくなるまでの時間をどう過ごすか」によっても大きく違ってきます。

 

理想的なのは、追い炊きで適温をセットしたら、そのまま何も考えず、ボーッと過ごすことですね。「何も考えない」という究極のリラックス状態で過ごせば、その分血管が拡張し、お湯が温まるとともに血行が促進される効果も高まるのです。

 

こうしてリラックス状態でお湯が温かくなるまで過ごし、のんびりできたら、
あとは軽く血液やリンパの流れを良くするための
マッサージをおこなうなどして、
体内循環をさらに改善させつつ、
体を芯まで温めるようにするといいでしょう

page top