化粧水・美容液などスキンケア用品について

スキンケア用品の重要度

アンチエイジングというのは、

 

体の外側と内側、両面からのケアをしっかりとおこなってこそ実現できるものです。

 

そして、体の外側からのアンチエイジングケアの中心となるのは、メイクではなくスキンケア用品なんです。

 

なぜスキンケアのほうが重要なのかと言うと・・・

 

メイクというのは、悪い言い方をすれば「肌の上から色などをつけてその場だけごまかす」というものですが、スキンケアというのは「肌そのものの質を大きく左右する」という、すっぴんのあなたの見た目に影響を与える存在だからです。

 

重要アイテムだからこそ、品質にはこだわろう!

そんなわけで、すっぴんのあなたの見た目に大きな影響をおよぼすスキンケア用品は、
「美容効果がきちんと見込めて、しかも肌に負担をかけないもの」が好ましい、ということになります。
だからこそ、品質にはしっかりとこだわりましょう。

 

もちろん、「高ければ高いほどいい」というわけではありませんが、あまりにも激安なものは問題です。
たとえば、アンチエイジングのために欠かせない美容成分であるセラミドは、高濃度で配合しようとすれば、それなりの原価もかかってくるものです。

 

これがもし100円コスメなどで「セラミド配合」などと書かれていても、その配合量は本当にごくわずか、と考えて間違いないでしょう。そしてもちろん、肌への浸透性を高めるための処方などは一切なされていません。

成分表もちゃんと確認しよう

こうしたことを考えると、スキンケア用品は、
価格的には数千円クラスのものの中から、
成分をよく見て選ぶのが一番おすすめと言えるでしょう。

 

パッケージなどに記載されている全成分表示は、基本的に「配合量の多いものから順に記載されている」という形になりますので、ここを見れば、セラミドなど、必要な美容成分が高濃度で配合されているのかどうかを判断する目安にもなりますよ。

 

また、「医薬部外品」となっているスキンケア用品の中には、
全成分表示がなされていないものもありますが、こうしたものは避けるべきです。

 

確かに、医薬部外品に全成分表示の義務はありませんが、今や大半の医薬部外品コスメが全成分表示をしている中であえてそれをしないのは、「配合していることを知られたくない成分があるから」という可能性が高いのです。

 

多くの人が欲しがっている情報を出し渋る、というメーカーの態度を考えても、
あまり信用できるものではありませんね。

 

「高いスキンケア用品は買えない」という人へ

良質なスキンケア用品を選ぶためには、数千円クラスの商品の中から選ぶのがおすすめですが、この価格帯で化粧水・美容液・乳液またはクリームという、ひと通りのものを揃えていくと、やはりそれなりの高額になってきます。

 

「そんなに高いスキンケア用品は買えない」という人は、
化粧水と乳液・クリームは安価なものでかまいませんので、
美容液だけ、頑張って良いものを買うようにしましょう

 

実は、スキンケアにおける「美容効果」がもっとも見込めるのは、成分濃度が高い美容液なのです。美容液さえいいものを使っていれば、他のものに美容成分がほとんどなくても、アンチエイジングに役立てることはじゅうぶん可能なんですよ。

 

ただし、化粧水および乳液・クリームは安価なものでいい、と言っても、添加物たっぷりのものを使っては肌にも悪いです。安価なものを選ぶなら「美容成分にはあまりこだわらず、原材料がシンプルなもの」を選ぶといいでしょう。

page top