若さを保つ秘訣

こんなことも脳トレになる!

脳を若々しく保つための脳トレ、その方法はいろいろありますが、
ここではちょっとした「変わりダネの脳トレ」をご紹介しましょう。

パッケージ旅行ではなく個人旅行をしよう

「旅行が好き」という人におすすめしたいのが、
旅行会社まかせの行程となるパッケージツアーを利用するのではなく、

 

自分で行程を考えていくという、
個人旅行スタイルです。

 

個人旅行の計画立ての最大のメリットは、
「行き先のことをいろいろと自分から調べる」というスタンスが作れること。

 

しかも、旅行を楽しみにしているということで、非常に前向きなわくわくした気持ちで計画を立てられるので、
脳へのプラスの刺激効果もかなり高いのです

 

料金等の関係で、どうしてもパッケージツアーを選びたい、という場合は、せめて「自由行動の時間があるツアー」を選び、その自由行動の時間に何をするか、ということだけでも自分で考えてみましょう。

 

「好きな人」を作る

女性によくありがちな
「老けるパターン」のひとつが、「結婚、出産をしてから、急におばさんくさくなってしまった」というものです。

 

この原因は、「家事や育児の疲れ」も影響しているのですが、それ以上に、「パートナーである夫に対して、燃え上がるような恋愛感情がないから」ということも影響しているんですよ。

 

彼氏・彼女としてつき合っていた頃は「ラブラブ」の状態でも、結婚すればその愛情は家族愛となり、さらに出産をすればその家族愛のうち、大きな割合が子どもに対して向けられることになります。

 

これはこれでいいのですが、「恋愛感情の対象」が無くなってしまうだけに、独身時代にはあった「この人に、少しでもきれいな私を見せたい」という気持ちが、どこかに飛んでいってしまうんですよね。

 

実はこれが大問題。誰かに惚れて、その対象に「少しでもキレイな自分を見せたい」という意識が強ければ強いほど、脳もその気持ちに答えようとして、ホルモンを出す自律神経の働きのサポートなど、「キレイになるための手助け」をしようと張り切ってくれるのですが、家族愛というのは、ある意味「安心感」に包まれた感情でもあるので、恋愛感情がある時と比べると、脳への「若返りのための刺激」は激減してしまうのです。

 

「パートナー」か「手の届かない存在」がベスト

ですからできれば今からでも、「惚れられる対象」を探してみましょう

 

今のパートナーの良いところを見つけて惚れ直すのもいいですし、あえてスポーツ選手やタレントなど「手が届かない」存在の中から、大好きになれそうな人を探していく、というのもひとつの手です。
「あの人のコンサートに行く時は、少しでもきれいな状態に」などと思えるようになれば上出来ですよ。

 

ちなみに、なぜ「手が届かない存在の人」の中から惚れる対象を探すべきなのかというと・・・なまじ家族以外の「手が届く存在」に惚れてしまうと、下手をすると不倫に発展してしまいますので、あまりおすすめできないというわけです。

 

麻雀をやってみる

麻雀というと、どうしても「雀荘に行って、お金をかける、ちょっと初心者にはとっつきづらい娯楽」
という印象があるようですが、実は麻雀には、かなりの脳トレ効果があると言われています。

 

「自分だけでなく相手の手牌・作戦も考える」
という勝負の駆け引きで脳をフル回転させることが、いい刺激になるわけですね。

 

とはいえやはり、いきなり雀荘に行きましょうというのは無理がありますよね。

 

それよりも、ネット麻雀や麻雀ゲームなどで、自宅で麻雀を楽しむのがおすすめです。
ネット麻雀の世界であれば、女性でもすんなりと入れますし、よくある麻雀漫画のように「負けたら大金を取られる」なんてリスクもありませんよ。

 

ネット麻雀も麻雀ゲームも、インターネット上で無料のものがいくつか提供されているので、初心者向けとなっているものを選んでやってみるといいでしょう。

page top