健康的な体作りに効果のある野菜

体の中から元気を作れる野菜はこれ!

アンチエイジングのためには
「体の中から元気になること」も大切です。

 

疲れきって、どんよりとした目をしているような人が、
若々しく見えるわけありませんからね。

 

生き生きとした元気を演出してくれる、
パワー系野菜をご紹介しましょう。

 

胃腸を元気にしてくれる野菜はこれ!

胃腸を元気にして、食べ物の栄養素をしっかりと体に吸収させるのに役立つ野菜の筆頭格と言えば、
何といってもキャベツです。

 

キャベツには、胃腸を守って粘膜を元気にするために役立つビタミンである「ビタミンU」が豊富に含まれているんですよ。ちなみに、胃薬で「キャベジン」というのがありますが、あれはビタミンUの別名でもあります。「キャベツの汁から取れたから」という理由で、由来が分かりやすいようにこの名前がつけられたようですね。

つまりキャベツのビタミンUは、胃薬などにも使用されるほどに、胃腸のサポート効果が高いというわけなのです。

 

キャベツの元気作用はこれだけではありません。キャベツにはグルコシノレートという、肝臓の働きをサポートする成分も豊富に含まれています。肝臓は代謝や老廃物の排出にも欠かせない臓器ですから、
この点でもキャベツはアンチエイジングに大いに役立つと言えますね

 

ネバネバパワーがすごい!夏場の元気野菜の決定版

夏場にぜひ食べてもらいたい「元気野菜」が、オクラです。
オクラには独特のネバネバしたぬめりがありますが、あのネバネバには「ムチン」という消化促進サポート成分が含まれており、夏バテで弱りがちな胃を守るのにとても役立ってくれるのです。

さらにオクラには、免疫力アップに役立つビタミンA・B・Cや、
デトックスを手助けしてくれる食物繊維もなかなか豊富
夏バテの疲れた体の元気サポートにほしい成分が、ギュッと濃縮されているのです。

 

アボカドは油っこいから体に悪い!?いえいえそれは誤解です!

アボカドも、ぜひ積極的に食べたいおすすめ元気野菜ですね。
正確にはアボカドは果物の仲間に入るのですが、味的には料理に適しています。

 

しかしアボカドと言えば「森のバター」と言われるほどに油分が多い、というのが気になるところですよね。
「高カロリーだから体に悪い」と思っている人も多いのではないでしょうか。

 

ですがこれは誤解で、実はアボカドの油は「体にいい油」なんですよ。アボカドの油にはリノール酸が豊富に含まれており、血液中の中性脂肪やコレステロールをコントロールして、「血管の元気」をサポートしてくれるのです。

これ以外にも、アボカドはビタミンB群やE、葉酸、食物繊維など、美容と健康に嬉しい成分が豊富に含まれています。アボカドは「果物の中で、世界一栄養価が高い」と言われているほどの「栄養の宝庫」的な存在ですので、「油っこいから不健康そうだ」と避けてしまうのは、あまりにももったいないですよ。

page top