美肌作りに欠かせない野菜はこれ!

アンチエイジングのためには

「美肌を作ること」というのはどうしても不可欠ですよね。

 

その主役となるのが、
ビタミンやミネラルが豊富な野菜なのです。

 

ここでは、数ある野菜の中でも特に、
「美肌作りの強力な味方」
となってくれるものをご紹介しましょう。

最強の抗酸化力がある野菜とは!?

美肌の大敵となる活性酸素をどうにかするためには、「抗酸化作用のある成分」を体に取り入れることが不可欠。

 

抗酸化作用が強い成分というと、ビタミンA・C・Eなどが代表的ですが、
それよりもさらに強い抗酸化力があると言われているのが、トマトに含まれる「リコピン」です。

リコピンとは、トマトの赤い色を出している「天然色素」なのですが、同じ天然色素であるベータカロテン(ビタミンA)よりも抗酸化力が高いということで、近年にわかに注目を浴びるようになった成分です。

 

色が濃いトマトを選べば、それだけリコピンも豊富に摂取できますので、
毎日の野菜サラダには、しっかりと色のついたトマトを欠かさず入れておきたいものです

 

加熱に強いビタミンCと、むくみを取るカリウムが豊富な野菜とは?

美肌に役立つビタミンと言えばビタミンCが有名ですが、
このビタミンCは「加熱すると壊れて効果が激減してしまう」という、大きな弱点を持っています。

 

ですからビタミンCを摂るためには、生野菜やフルーツを食べるしかない、と考えられていたわけですね。

 

しかし・・・中には、「熱に強いビタミンC」を持つ野菜もあることをご存知でしょうか。
その代表格となるのが、さつまいもじゃがいもです。

なぜ、さつまいもとじゃがいものビタミンCが熱に強いのかというと、芋にたっぷりと含まれるでんぷん質が、ビタミンCを包むようにして守ってくれているからです。ですから、さつまいもやじゃがいもを使えば、加熱した料理でもビタミンCがしっかりと摂れるわけですね。

 

また、さつまいもとじゃがいもには、体の余分な水分・老廃物を排出するのに不可欠なカリウムも豊富に含まれています。ですから「デトックスによる美肌効果も期待できる」というわけですね。
まさに一石二鳥の働きをしてくれる、頼もしい「美肌サポート野菜」と言えます。

 

面白いビタミンを持つ美肌野菜とは?

美肌作りに役立つ野菜の中でも、ちょっと面白いビタミンを持つのが、ピーマンです。

 

ピーマンには、ビタミンCが豊富なだけでなく「ビタミンP」という、ちょっと聞き慣れないビタミンも豊富に含まれています。
そしてこのビタミンPは、ビタミンCを加熱のダメージから守り、さらに体内ではビタミンCの吸収のサポートまでしてくれるんですよ。

つまり、ピーマンに含まれるビタミンCのパワーを、最大限に生かすことができる、というわけですね。
また、ピーマンにはビタミンA(ベータカロテン)もたっぷり。

 

ビタミンAは油と一緒に炒めての調理をすると吸収率がアップするので、
炒めものなどにピーマンをどんどん使うのがおすすめです。