パンプスでのウォーキングのポイント

ウォーキングというのは本来であればウォーキングシューズなどを履いてやるのが理想的ですが、
「通勤通学の時間帯を利用してウォーキングする」という人にとっては、これは難しい問題ですよね。

 

男性なら「通勤用のスーツに合うウォーキングシューズ」というのを結構簡単に見つけることもできますが、
女性の場合、どうしても「パンプスで通勤する」ということが必要な人も多いはず。

 

どうしてもパンプスでの通勤が必要な人の場合は、
ウォーキングのためにどんなパンプスを選んだらいいのでしょうか。

 

ヒールは「高さ控えめで、細くない」ものを選ぼう!

パンプスでウォーキングをする場合、まず気をつけたいのが「ヒールの高さと太さ」です。

 

ヒールの高さは、できるだけ3〜3.5センチ程度のものを選びましょう
それより高いものがいい、という人でも、5センチを超えるものは禁物です。

 

次にヒールの太さですが、これはなるべく太いものが理想的
ヒールが細ければ細いほど安定性がなくなってしまうので、「やや早歩きで、しかも歩幅が広め」というウォーキングの歩き方をすると、足首が非常に不安定になり、ねんざや転倒などの事故を引き起こしてしまうリスクも出てきます。ですからパンプスのヒールは「高さが控えめで、太くて安定性があるもの」を選びましょう。

 

つま先に余裕のあるものを選ぼう!

つま先が足の指で詰まってしまうような状態のパンプスでウォーキングをすると、つま先がうっ血してしまうこともあります。

 

ですから、「片足で立ってみて、つま先に1〜1.5センチ程度の余裕がある」
という状態のものを選びましょう。

 

パンプスの衝撃から足を守ろう!

パンプスはウォーキングシューズに比べるとヒール等が固いので、
地面からの衝撃を足がまともに受けやすいのが欠点。

 

これをカバーするために、衝撃吸収のインソールなどを活用するのもいい手です。
ただし、インソールを入れる場合は、「インソールを入れても、足の指が圧迫されたりしないだけの余裕がある」という条件を守れることが大切です。

 

もちろん、パンプス自体が衝撃吸収できる仕様になっていれば、それに越したことはありません。